Technologies

Our Technologies and Patents

私たちDeepEyeVisionは、
最先端のディープラーニング(深層学習)
技術を用いて、
眼の疾患をはじめ、
糖尿病などの全身疾患などの早期発見を
可能にする「眼底画像診断支援AI」を
開発しています。

DeepEyeVision Pro眼底画像診断支援AI

2016年より、自治医科大学とともに
DeepEyeVisionが独自開発した、
AIによる眼科画像診断支援システム(研究開発用)です。
眼科診療時に撮影した画像から、診断候補を確率とともに提示。
日本国内の各医療機器メーカーに対応し、健診画像、遠隔診断にも
適用可能なシステムを目指して研究開発を続けています。

遠隔読影サービスAIを活用した

医療機関が眼底画像をクラウドシステムに
アップロードすると、はじめにAIが画像解析を行い、
候補となる疾患名をDeepEyeVisionの読影医に示します。
続けて読影医は示された疾患名を参考にしながら、元の眼底画像を観察して診断を行い、
その読影結果が医療機関に提供されます。
本遠隔読影サービスが各医療機関に導入されることで、次のような効果が見込まれます。

・医療機関において問題となる眼底画像の読影医不足が解消されるとともに、
読影医による診断結果のばらつきが極めて小さい「平準化」が可能になります。

・へき地を含む日本全体における眼科医療が高度化される上、末期まで自覚に乏しい糖尿病や緑内障をはじめとする
各種疾患の早期発見の可能性が高まり、それによる国全体の医療費削減が期待されます。

PAPERS論文

すべて見る

CONFERENCE PRESENTATIONS学会発表

すべて見る