TOP

Topics

報道発表

Missions

DeepEyeVisionは、AI(ディープラーニング)を用いた、医療機関向け眼科画像診断支援サービスを展開する、自治医科大学 眼科学講座発のスタートアップです。

高齢化の進展に伴い今後増加すると想定される眼科患者に、正確な診断を提供することを目的に研究開発に取り組んでいます。

Our Solutions

医療AI開発に、DevOpsモデルを採用。
AI開発と臨床研究をワンストップで行い、精度の高い医療診断支援AIのスピーディな社会実装を目指します。

医師であり、眼科領域におけるAI活用研究のパイオニアでもある当社代表・髙橋 秀徳(自治医科大学准教授・医学博士)を中心に、AI開発と臨床研究をワンストップで実施。

医療現場の知見をスピーディに開発にフィードバック・実装する「DevOpsモデル」の採用により、精度の高い医療診断支援AIのスピーディな社会実装と、医療の高度化を目指します。

現在は、眼科向けクラウド型AI診断支援システム「DeepEyeVision」を、自治医科大学をはじめとした医療機関との共同研究の一環として運用している他、協業にて医用画像専用アノテーションツールの開発などを行っています。

画像診断支援AI「DeepEyeVision」

2016年より、自治医科大学とDeepEyeVisionが共同で独自開発したAIによるクラウド型眼科画像診断支援システム。

眼科診療時に撮影した画像から、診断候補を確率とともに提示。日本国内の各医療機器メーカーに対応し、健診画像、遠隔診断にも適用可能なシステムとして研究開発を続けています。

画像診断支援AIによる解析イメージ(画像はプライバシーに配慮し、所定の手続を経たもの)
クラウド型AI診断支援ソリューション(研究開発)

医療機関が、診察時に撮影した「眼底画像」を、クラウドシステムにアップロードすると、画像診断支援AIが一次解析を行います。続いて読影医が、AIの解析結果をチェックした上で、診断を行います。

各医療機関は、医療用AIを本格的に採用した、本ソリューションを導入することで、読影医を確保する手間が省け、大幅なコスト削減とともに、業務量の低減を通じて、より付加価値の高い医療業務に注力することが可能になります。また、急速な高齢化が進み、目に疾患を持つ患者が増加する近年の社会環境において、本ソリューションが普及することにより、多くの人々が、現状より医療費を抑えつつ、高度な眼科医療を受けられるようになることが期待されます。

本ソリューションは、現在は、自治医科大学、地域健診センター、クリニックなどと、共同研究の一環として運用しています。共同研究をご希望の医療機関様は、お問合せフォームよりご連絡ください。

クラウド型AI診断支援ソリューション提供イメージ
医療用画像の機械学習を効率化するアノテーション環境を構築(協業)

AIによる外観検査・ソフトウェアを展開する株式会社MENOU(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:西本 励照 以下、MENOU)との協業体制により、タブレットPC等で、直感的に操作可能なGUIを用いた、専門医による極めて効率的なアノテーション環境を構築しました。

詳細は、以下をご覧下さい。

Our Clients and Partners

Members

髙橋 秀徳

FOUNDER & CEO

自治医科大学 眼科 准教授、医学博士
東京大学医学部卒業
日本眼科学会 AI, ビッグデータ, 遠隔医療 戦略会議 委員
東京大学眼科と自治医科大学眼科で眼底の失明性疾患の研究に従事。
2015年に深層学習が人の画像識別能力を超えたことを知り、深層学習の研究を開始し、2016年にDeepEyeVision合同会社起業。
現在は栃木を拠点とし、自治医科大学眼科准教授として多くの失明性疾患を診断・治療しつつ、健診眼底写真読影支援システム「DeepEyeVision」を開発。
⇒ researchmap by JST

近藤 佑亮

CTO

東京大学工学部 電子情報工学科(相澤・山崎・松井研究室)卒業
東京大学大学院 情報理工系研究科 電子情報学専攻 在籍 (国立情報学研究所: 佐藤真一研究室)
Computer Vision, Multimedia, Machine Learning を研究
Softbank AI Hackathon 2019 優勝

柳 靖雄

DIRECTOR

東京大学医学部医学科卒業(MD)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、日本学術振興会特別研究員、東京大学医学部眼科学教室講師、シンガポールDuke NUS Medical School Adjunct Professor、旭川医科大学眼科学教室教授などを経て現在はシンガポールDuke NUS Medical School、横浜市立大学市民医療センター客員教授を兼任しつつ都内クリニックに勤務。
専門は眼科、メディカルレチナ
⇒ researchmap by JST

坪田 康佑

ADVISOR

慶應義塾大学看護医療学部卒業、米国CanisiusCollegeMBA
IoMT学会評議員
株式会社コーチエィにて、東北大学メディカルコーチングプロジェクト等に従事。その後、2012年一般社団法人医療振興会を設立し、無医地区・無訪問看護地区への医療提供業務に従事。2018年~2019年診エテック株式会社の取締役として慶應義塾大学眼科と眼科AIプロジェクトを運営。
慶應ビジネスコンテスト2012受賞、Chivas Venture 2018 Japan Finalist

山形 仁

ADVISOR

東北大学工学部電子工学科卒業、同大大学院情報工学専攻博士課程修了(工学博士)、医学部とのBiomedical Engineering領域の研究に従事。
1983年に株式会社東芝に入社後、医用機器事業部、東芝メディカルシステムズ株式会社、キヤノンメディカルシステムズ株式会社にて、医用画像診断システムおよび臨床アプリケーションの研究開発・製品化に従事。その間、UC San Francisco / UC DavisにてMRI研究、国内にて先端研究に関わる大学との共同研究に従事

吉崎 明彦

PM/PMO

慶應義塾大学文学部卒業、慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科修士課程修了
NTTコミュニケーションズ株式会社にて、企業向けネットワークサービス(VPN/VoIP)の企画・システムエンジニア・広告宣伝業務などを担当。
その後、メガベンチャーなど、複数の法人にて、機械学習を用いたサービスの企画・プリセールスおよび、インフラ系システム構築のプロジェクトマネジメント業務等に従事

SNS

Company Profile

Profile
  • 社名:DeepEyeVision株式会社
  • 代表者:髙橋秀徳
  • 設立年月日:2016年5月10日(合同会社として設立)
  • 主要株主
    • 髙橋秀徳
    • 株式会社ディープコア(ソフトバンクグループ株式会社 100%子会社)
    • 株式会社INDEE Japan
Location

本社所在地:〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1 自治医科大学眼科学講座内
東京オフィス:〒113-0033 東京都文京区本郷3-36-10 The Seat Halki

CONTACT